タイ アドバンスドインフォサービス(ADVANC)キャリアHutchのタイ国内資産に関心

携帯キャリア3位のTRUE MOVEと、アドバンスドインフォサービス(ADVANC)では
香港資本のハチソンの経営する携帯キャリアHutchのタイ国内資産に関心があると
しています。

2010年現在、こちらはタイ通信公社CAT Telecom(CAT)社が香港のハチソン社の
株式買取交渉に失敗しています。
CAT側では40億バーツでの買取を希望していましたが、ハチソン側では
2億2000万USドルもしくは66億バーツからの交渉開始であるとしています。

すでにTrue社はハチソン社の幹部との交渉を開始。
ハチソンCAT ワイヤレスマルチメディアサービスと25のタイ国内都市のサービスを
得られないか会合を設けています。

もし交渉がまとまれば3Gワイヤレスサービスへの参入が容易となり、2010年10月に
中断された3G通信事業参入に先駆けて優位性を高めることになるとしています。

CATではハチソン合弁事業に26%を出資していて、残りの73%はハチソン社が
保有しています。

ハッチCDMAサービスは150万ユーザーを抱えていて、AISとDTACとTrue Move携帯各社
の合計数6500万件に比べるととても低いユーザー数ですが、既存インフラには高い
メリットがあるとしています。
TRUEのCEOであるSupachai Chearavanont氏は買収の進捗は回答しなかったものの、
実現する可能性があることを示唆しています。

またタイの国会では通信事業の認可を決定する組織としてタイ国家放送通信委員会
National Broadcasting and Telecommunications Commission(NBTC)の設置
と選任は2011年の半ばになる予定としています。
財務大臣のKorn Chatikavanij氏がコメントしています。
またこのNTBCでは3G通信サービスと4G通信サービスの事業認可を決める権利を
有するとしています。