インド ステイトバンクオブインディア(SBI)東南アジアへの進出を進める

インド国内資産1位の最大手ステイトバンクオブインディアState Bank ofIndia
では東南アジアへの進出をより進めます。
すでに進出済みのインドネシアへは、さらに他行の買収を進めるとしています。
買収候補先の規模は1億USドル規模を目指します。

インドネシアの金融機関は現在成長を続けていて、高い成長性を期待できると
しています。
インドネシアの2,3の金融機関を候補先にしています。
また中小規模の金融機関が多いことから1億ドル規模を検討しているとしています。

SBIでは2010年時点で子会社PT Bank SBI Indonesiaを保有。
6つの支店を持っています。
2009年の銀行名はPT Bank IndoMonex でした。
今後支店数とネットワークを拡大するには買収案件を増やしたほうが早いとの判断で
インドネシアの法律で外資企業が同時に2つの銀行は持てないために、地場金融機関が
買収したあとに合併する流れとなります。

SBIは世界に125の海外支店を持ち、23カ国で展開しています。
シンガポール、アメリカ、カナダ、モーリシャス、などに構えています。