タイ国営石油(PTT)、ストレートリソーシーズ(SRL)を162億バーツで買収すると発表

タイ国営石油(PTT)ではオーストラリアの上場企業である石炭採掘企業のStraits
Resources社ストレートリソーシーズ(SRL)を162億バーツで買収すると発表しています。
タイ国営石油のCFOであるTevin Vongvanich 氏がコメントしています。

PTTの投資会社PTTインターナショナルの100%出資会社であるPTTマイニング社
(PTTML)が1株1.72オーストラリアドルで買収。
合計で5億4400万オーストラリアドルで購入します。
高品質の石炭を入手するとともに、安定的な成長を遂げるために上流資源の確保を
目指すとしています。

Straits Resources社ではメタル金属なども保有していて、長期的に有望であると
しています。

2010年6月タイで最大手、東南アジア有数の石炭採掘、発電所経営のバンプー(BANPU)
は100%子会社Banpu Minerals (Singapore)Pte. Ltd. (“BMS”)がオーストラリアの
Centennial,Coal センテニアル・コールの株式5%を27.4億バーツで取得、持ち株
比率は19.9%に。
さらに、オーストラリア石炭採掘地の足がかりにしています。