インドネシア マタハリ(MPPA)今後もインドネシアでの事業展開を継続

フランス小売大手カルフールはタイ向けにはカジノグループへ1000億バーツで
売却に成功したものの、マレーシア、シンガポールのカルフールブランド店舗売却
の計画を中止して、事業維持、事業拡大に変更することを確認しています。

またインドネシアのカルフール事業は放出していないままで、今後もインドネシアでの
事業展開を継続するとしています。
そして一方でインドネシアの小売り大手マタハリ(MPPA)では10億ドル規模の
ハイパーマーケット事業売却を計画していて、第2次入札には、
ウォルマート・ストアーズ(アメリカ)
カジノ・グループ(フランス)
ロッテ・グループ(韓国)などが選出されています。