アセアン

タイのビジネスに関して東南アジア共同体Asean Economic Communityへ向けた
動きは2015年に完了する計画です。
この地域は一共同体となることで他の先進国との競争力を強めるとしています。

タイ貿易代表部Thailand Trade Representative (TTR)のKiat Sittheeamorn氏
は2015年までには7億人を越えるマーケットが出来ています。
ASEAN域内GDPは+50%まで伸びて2兆7000億USドルになるとしています。

Kiat氏はアセアン10カ国インフラストラクチャーの構築がまず最優先され、
470億USドルが必要であるとしています。
その中でエネルギー生産、輸送道路の整備などが含まれます。
しかしながらタイの中小企業はこの影響を理解していないとしています。

商品・サービスの関税などが撤廃されるものの、まだ文化的、言語的障壁は残るのでは
ないかと見ています。
また会社設立でもサービス業での株主比率はこれまで最大49%でしたが、域内では最大
70%の保有も可能となるだろうとしています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。