東南アジアの格安航空会社

エアポートオブタイランドAirports of Thailand Plc (AOT)
の発表では格安航空会社LCCのスワンナプーム国際空港での利用者が
2010年1月~9月期で総利用客は 前年同期比+38.49%となっていて139万人となったことを発表しています。
LCCの便数も+25%で108,123便が飛んでいます。

ここ5年でLCCの勢いが大きく伸びていることが分かります。

     便数  シェア       利用者数シェア
2004  21,745便 (7.3%)      5.8%
2005  59,619便 (18.0%)     14.8%
2006  78353便 (22.3%)     17.6%
2007  105,262便 (26.9%)    21.5%
2008  104,556便 (26.5%)    21.3%
2009  86,472便  (24.9%)    20.1%

となっています。LCCの利用者、便数ともに伸びていて
2010年度はおよそ30%がLCCの利用になるのではないかと見ています。

LCCの歴史では2003年度からタイ国内で初めてワンツーゴー社One-Two-Go Airlines (現在はオリエントタイ社)
とタイエアアジア (マレーシア資本)の2社が開始しました。
その後、ノックエアーNok Airlines (タイ国際航空傘下)が参入しました。
最近は韓国のLCCのJin Airなども参入。バンコクとソウルで便を飛ばしています。