タイ ロクスレー(LOXLEY)国際事業の売り上げ割合を引き上げるとコメント

通信サービス事業大手のロクスレー(LOXLEY)では国際事業の売り上げの割合を
5%から20%へ引き上げるとコメントしています。
特に貿易関連ビジネスで拡張をするとしています。

代表取締役のDhongchai Lamsam氏が対象国はアセアン域内、中国、であると
しています。
2009年度の売上は106億600万バーツで 純利益では3億5600万バーツでした。

しかしながら、2010年度の1~9月期は74億7100万バーツで純利益ではマイナスの
3500万バーツとなっています。
売り上げは前年比+10%伸びるとしています。

今後ロクスレーでは、中国の広州、ビルマ、カンボジアで積極的な貿易ビジネスの
展開を図り、すでにある駐在事務所のベトナム、ラオスでも拡張していくと
しています。

「ビルマの政情は今後より良くなると見ています。資源も豊富にあるために高い潜在性
を秘めるとしています。
マーケットはラオスなどの10倍以上あり、通信、電力、消費財でも進出を検討します。」
としています。