東南アジア南部地域

東南アジア5カ国がカンボジア・プノンペンで第4回Acmecs Summit開催しています。
インドシナ南部経済回廊開発に関して協力をしていくことに合意しています。
ビルマ南部の深海港開発、高速道路開発、マレーシアまでの延伸を計画しています。

Tanit Soratタイ工業連盟副会長は、今後ミャンマーを含めて開発が進んでいく
だろうとコメントしています。
このACMECSサミットはAyeyawady-Chao Phraya-Mekong Economic Cooperation
Strategyの略称で、参加国はカンボジア、ラオス、ミャンマー、タイランド、
ベトナムの5カ国となっています。

ミャンマーで開発されるTavoy deep-sea 湾岸プロジェクトでは、インドシナ南部
経済回廊の高速道路と連結する予定で、2000億バーツ規模を投資します。
また東西経済回廊East-West Economic Corridorとも連結すると、ミャンマー~
タイランド~ベトナムまで連結され間にラオスなども入ります。

タイのゼネコン大手のイタリアンタイデベロップメント(ITD)では11月に
ミャンマー政府のBurmese Port AuthorityとMOUを締結し、Tavoy Deep Sea
貿易港の開発を進めていくとしています。
総工費は86億USドルになります。
カンチャナブリーまで160Kmでバンコクまで300Kmの長さになります。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。