タイ シンフォニー・コミュニケーション(SYMC)企業解説

タイ証券取引所(SET)に新規上場IPOを法人向け通信サービス大手のシンフォニー・
コミュニケーション(SYMC)は一時+39.0%まで上昇。
タナチャート銀行(TCAP)の傘下、タナチャート証券が主幹事をしています。

http://www.symphony.net.th/

シンフォニー社の製品はイントラネット、オフィスデータ受送信、大企業向け
通信サービス、3G携帯通信サービス向けにも提供しているため、有望との買いを
集めました。
ソリューションビジネスなども提供していて、通信サービス大手となっています。
Metro Ethernet
Ready Ethernet
Time Division Multiplexing (TDM)
Synchronous Digital Hierarchy (SDH)
Ethernet over Synchronous Digital Hierarchy (EoSDH)
Dark Fiber  などのブランドでも展開しています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。