タイ BTSホールディングス(BTS)

タイの高架鉄道を運行しているBTSホールディングス(BTS)ではこれまで3両編成で
運行していた車両を4両編成へ切り替え、2012年までにすべて4両の車両編成に
することを発表しています。

まずシーメンス製だった車両はシーロムライン(ナショナルスタジアム~
ウォンウィアンヤイ)区間を中国製車両へ切り替えます。
最大1106名の定員が今後は1490名定員となり、ラッシュアワー時の混雑緩和に
なるとしています。
また2011年開通予定のスクンビットライン(オンヌット~ベーリン)までのラインは
旧型3両編成で開始されるものの、2012年までに全線が4両編成となるとしています。

また子会社が新路線のオンヌット~ベーリンラインの運営・維持管理サービスに
関する契約を獲得したことも発表されています。
今後バンコクは路線が増加していきますが、ノウハウを抱える企業はBTSや
MRT&BMCLくらいで少ない企業数になっています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。