カンボジア プノンペン

カンボジアの首都プノンペンで11月22日夜に、「水祭り」のイベントに集まった
見物客らが橋へ殺到したために、将棋倒しとなり、23日時点で少なくとも347人が
死亡し、410人が負傷したと発表されています。
フンセン首相は事故原因などの解明に当たる特別調査委員会を設置したと
述べています。

わたくしが当時訪問したこのあたりの地区はチャオプラヤー川に比べて、中規模な
トレンサップ川ですが、橋が崩壊すると言ううわさが広がり、将棋倒しが発生したもの
と見られています。
被災現場はプノンペン市内東側を流れるトンレサップ川沿いにある王宮から約1キロ
離れた小島で発生したとしています。

タイではこの時期「灯篭流し:ロイカトーン」と呼ばれる水の精霊に感謝する祭りが
開催されます。
今回は11月21日におこなわれました。

カンボジア政府はこの後、11月28日、首都プノンペンの水祭りで起きた転倒事故の死者
が4人増え、計351人になったと発表しています。