タイ国営石油(PTT)

タイ国営石油(PTT)では長期的展望に向けてタイ政府に対して世界の資源確保の
ための戦略を提案するとしています。
タイ国内のエネルギー需給が逼迫することも予想されていて、早急に海外資源の
確保のための買収、交渉権の確保を提案しています。

2010年度天然ガス生産の21%は海外からの輸入となっていて、79%は国内生産
であるものの、生産量低下でいずれ比率が下がってしまうと予測しています。

PTTではより海外企業の買収作業を進め、特にインドネシア、オーストラリアを
中心にブルネイ、マダガスカル、ベトナムを候補とするべきとしています。
また潜在備蓄量の多い石炭が今後さらに注目され、石油&天然ガスより継続的な
生産が見込める石炭を重視すべきとしています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。