マレーシア 自動車産業

ダイハツ系のマレーシアの第2国産メーカー、プルサハアン・オトモビル・クドゥア
(プロドゥア)は、5年で輸出部門の強化を行う方針を出しています。
今後、輸出台数を+2万台増加させることを計画しています。
タイは生産台数のおよそ半分以上を輸出に回していますが、インドネシアや
マレーシアは生産台数のほぼ同数を国内向けのみに出しています。

プロドゥアのアミナル・ラシド・サレー社長は、マレーシア国内自動車市場は
飽和状態に近づいていることから、海外輸出に力を入れて世界的な競争力を
つけることが必要だと指摘しています。
2011年のマレーシア自動車市場総需要量(TIV)は60万台と予想されており、
向こう5−7年で飽和状態に達する可能性もあるとコメントしています。

2010年、マレーシア自動車協会(MAA)は2010年の国内販売台数を過去最高の
57万台と予想しています。

また、インドネシア政府が2011年前半にも、環境に配慮した小型車生産に対する
税制優遇策をまとめることを発表しています。
海外からの企業の投資環境整備に取り組むことで、自動車企業を中心に
部品メーカーも含めた新規進出や事業拡大を進めていくとしています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。