インドネシア テレコムニカシ・インドネシア(TKLM)

インドネシア最大の携帯電話キャリア、通信企業のテレコムニカシ・インドネシア
はカンボジアの携帯キャリア会社との合併会社と協議していると発表しています。

カンボジアのGSM通信キャリアの名前は公表しませんでしたが、
代表のRinaldi Firmansyah 氏は最初の一歩は進んだと話しています。
カンボジアではまだ成長余地があり、1400万人の人口で携帯保有率50%以下である
としています。
また成功次第社名を発表するとしていて、株式の過半数取得を目指したいと
しています。

現時点ではマレーシアでSCICOM社の17%の株式を。シンガポールでは
海外駐在事務所を。
香港でも来年内に海外駐在事務所を設置するとしています。

また、テレコムニカシではインドネシア国内でCDMA大手のバクリーテレコムとの
M&A交渉も進めているとしています。
バクリーテレコムはEsiaブランドで展開しています。
2009年末時点でEsiaブランドは1100万人の加入者。
一方同業ブランドのTelekom Flexiでは1500万人の加入者となっています。
仮に合併がまとまると独占禁止法に抵触する可能性もあると、
Business Competition Supervisory Commission(KPPU)指摘しています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。