シンガポール カジノ産業

シンガポールでは2010年よりカジノ産業がスタート。
セントーザ島に設置されたカジノは新たな観光客を生み出し、大手会計事務所
Pwc(プライスウォーターハウスクーパーズ)の各国別カジノ産業規模報告書
によるとシンガポールのカジノ・ゲーム業界規模は2011年以降オーストラリア
や韓国を抜いて世界2位の規模まで伸びるとしています。

アジア域内では
1位 マカオ     284億USドル
2位 シンガポール  28億USドル → 55億USドル
3位 オーストラリア  28億USドル
4位 韓国       25億USドルとなっています。

2011年度は55億USドルまで売上が伸びる予測です。
オーストラリアの28億USドル、韓国の25億USドルを越え、大幅に増加します。
「シンガポールのカジノ産業は劇的に登場し、伸びている」とPWCの
Greg Unsworth氏はコメントしています。

シンガポールの観光産業の伸びと同時に2014年までに83億USドルまで伸びるとも
予測しています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。