モバイル広告に関して

モバイル広告市場は、日本のように携帯通信キャリアと広告代理店とが結びつく
モデルと、アップル(Apple)やグーグル(Google)のように端末/OSと
広告プラットフォームが垂直統合されているモデルの2つの種類があります。

ところが、スマートフォンが普及し、またフェイスブック(Facebook)のように
5億人以上の登録会員をもつウェブサービスが台頭してくると、こうした
垂直統合型広告ビジネスだけでなく、グローバルに広告配信を可能にする広告
代理店が登場します。

インドのインモビ(inMobi)はそうした新しい形の広告代理店のひとつで、
モバイル広告の分野ではすでに世界最大手の1社となっています。
同社はインド、タイ、インドネシアでそれぞれ60%以上、また南アフリカでも
40%のシェアを持ちます。