タイ、中国の高速鉄道計画

中国南部とタイバンコクを結ぶ高速鉄道網整備計画に関して、中国政府と
タイ政府とでMOU(覚書)草案を進めています。

タイ運輸省では、建設系の事業会社と運営系事業会社と2つにわけて中国企業
との合弁事業体にする考えを明らかにしています。
タイの外国人事業法に抵触しないための措置で
建設系事業者 → タイ51% 中国49%
運営系事業者 → タイ49% 中国51% となる計画です。

今後 バンコク~ラヨーン  ライン(バンコク~東南部)
   バンコク~チェンマイ ライン (バンコク~北部)
   バンコク~パダン・ブザール (バンコク~南部)

などの路線でタイの地方インフラを開発していくとしています。