インドネシア証券取引所(IDX)47%上昇

インドネシア証券取引所(IDX)の総合株価指数は、2009年の大納会の終値
2534.356ポイントから2010年12月9日の最高値3786.097ポイントまで、
上げ幅は1251.7414ポイント(+47%)上昇しました。
2011年度は総合指数で 4000ポイント超えもありうるとの見方もあります。

終値3000ポイントの大台超えは2010年の7月21日で、9月30日には3500ポイント
を初めて突破しました。
その後も10月6日に3600ポイント超え、11月9日には3700ポイント超えと
過去最高値の更新を続けています。

最大新規株式公開(IPO)は、上場食品最大手インドフード・スクセス・
マクムールの中核事業を担う消費者ブランド会社インドフードCBPスクセス・
マクムール(ICBP)
また11月10日に新規上場した国営製鉄クラカタウ・スチール(KRAS)は、1株
850ルピアという公募価格の低さで、未公開上場株を入手していた政治家への
批判などがありました。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。