タイの労働環境の変更

タイの労使と政府の代表からなるタイ中央賃金委員会は2011年10月の会合で、
最低賃金の引き上げについて合意しています。

バンコクと首都圏のパトゥムタニ、ノンタブリ、サムットサコン、ナコンパトム、
サムットプラカン、南部プーケットの1都6県で2012年4月から最低賃金を1日
300バーツに引き上げるとしています。
また現在の最低賃金はバンコク215バーツ、プーケット221バーツで、上げ幅は
+40%近くに変更となります。

タイ全土の首都圏以外の70県では2012年4月から最低賃金を+40%引き上げます。
最低賃金が159バーツと最も低い北部のパヤオ県は引き上げ後、223バーツに
なるとしています。
最低賃金が300バーツに達した都県では2015年まで追加の引き上げを行わないと
していて+40%の引き上げ後でも300バーツに達しない県については2013年に
300バーツまで引き上げる方向で調整していくとしています。

また社会保障費の負担を一時的に減らすとしていて、
2012年度からタイの変更政府の社会保障費システム変更として、
2011年12月まで給与の5%   15000バーツの場合 750バーツ  
天引きであったのが2012年1月より給与の3%    450バーツ  天引き
2012年7月からは給与の4%            600バーツ  天引きに変更されます。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。