アセアン統一ビザの導入計画

東南アジア諸国連合(ASEAN)が2015年の経済共同体創設へ
向けて道路や送電網、工業団地など国境をまたぐインフラ整備を
加速させています。
4月3日のプノンペンで開幕するアセアン首脳会議に先立つ関連会議で
ASEAN域内の「統一ビザ」導入を目指すとしています。

域外国からの旅客に対する統一ビザについて、検討会を開き2015年の
運用開始を目指すなどソフト面の整備でも一致するとみられています。
アセアン域内の労働自由化をにらみ、域内観光の促進や加盟国間のビザ免除も
協議するとしています。

旅行者はバリを訪れてそのままシンガポールやバンコクへ行くことが可能に
なります。
これまでは各国でビザが必要な国も、一度アセアン域内に入国すればビザが
免除できるようなシステムになります。

The Association of Southeast Asian Nations(ASEAN)では
このようなシステムはユーロ圏などを模倣してビザシステムの整備で観光旅行者数の
増大を目指します。