インドネシア政策金利

インドネシア中央銀行は4日に、中央政策金利を過去最低の+6.5%から
+6.75%に0.25%引き上げたことを発表しています。
インドネシア国内のインフレ加速が進んでいて、国内外の投資家の懸念に
対応し、調整を図るとしています。

インドネシアのインフレ率は、食料価格の高騰を受け、2010年11月、12月と
前年比+7%を超えてきていて、
中銀目標の5%±1%を大幅に上回る状況が続いていました。
2011年1月にはインドネシア国債が2週間で10億ドル相当売られたことと、
利回りが急上昇し、インドネシア証券取引所(IDX)株価も一時マイナス-11%安と
なるなど、インドネシアの中銀では対応を迫られていました。