インドネシア食糧・農園

インドネシア政府は 食料品生産基地国としての確立を早めるとしています。

経済調整相のHatta Rajasa大臣はインドネシアにおける食料生産基地の
ブランド向上、認知度を高めるための動きを早めるべきと提言しています。

新しい法律の整備により、農業地の改革、コメ、をはじめとする商品作物の
食料への不動産確保を目指します。

世界的に商品作物 天然ゴム、砂糖、キャッサバ、とうもろこし、大豆などの
価格が上昇、インドネシア国内も不足が懸念されています。
また巨大企業のサポートや投資も歓迎したいとしています。
http://www.thejakartapost.com/news/2011/01/07/govt-speed-development-%E2%80%98foodproducing-regions%E2%80%99.html

ASEAN China Free Trade Area(ACFTA)アセアン中国FTAの締結から1年経過し、
双方地域での貿易量増大と効果が出ています。
またリテールマーケット市場でも現れていて、インドネシア小売事業協会の
Indonesian Retail Association(Aprindo)アピリンドでは2010年の小売市場は
2009年度と比較して膨大な量の中国製品が流入したことを伝えています。

特に家電製品、エレクトロニック製品、ファッション、衣料、食品の比率が
高かったとしています。
秘書官のRudi Sumampouw 氏がBisnis indonesia紙に コメントしています。

http://www.bisnis.com/index.php/business/4139-acfta-to-affect-retail-markets