インドネシア自動車

インドネシアは2010年約6.0%の経済成長が予想されていて、
乗用車販売の伸びも過去を上回る記録的な水準になると見込まれています。
インドネシア政府はインドネシア国内の乗用車生産が
ここ近年の60万台~から、5年後2015年には生産台数100万台に増加すると予想しています。

フォルクスワーゲンは2009年より、
インドネシア大手のインドモービル社と提携し、ミニバン『トゥーラン』の生産を開始しています。
フォルクスワーゲンは東南アジアを重要市場のひとつに位置づけていて、
当初タイでの現地生産から、インドネシアへ決定。
首都ジャカルタにあるインドモビル社の工場を活用し、トゥーランのノックダウン生産をスタートさせています。

ASEAN市場へは、フォルクスワーゲンブランドだけでなく、
アウディやシュコダ、そして商用車も投入する予定となっています。
中国ではかなりの台数を固めたフォルクスワーゲンは、続いてASEAN市場の成長を狙います。