ラオス

民間グループではラオス政府のXayaburi 水力発電事業提案プラン2009年度の反対を示しています。
第1ダムの建設ではメコン川の水位低下が予想され
40の集落が転居を余儀なくされ、Xayaburi 県全体のマイナス影響が強くなるとコメントしています。
第1ダムは1,260メガワットの発電量を誇り、
チョーガンチャーンCh Karnchang (CK)は900億バーツで投資して建設する予定です。

総工費は1000億バーツ以上になる見通しです。
7.5年をかけて10の集落、391の家庭2130名のラオス原住民に影響が出るとしています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。