インドネシア インドネシア(PGAS)

インドネシア国営企業のインドネシアPT Perusahaan Gas Negara (PGAS)では
2012年度純利益が大きく伸びたとしています。
インドネシア証券取引所Indonesia Stock Exchange (IDX)への報告では売上で
25億7650万ドル(前年比+16%増) 純利益では8億9089万ドル
(前年比+30.8%増)でした。

背景には好調な天然ガスの販売量が8億0700万立方フィート/日mmscfd で2011年度は
795mmscfd でした。
また政府がガス価格の引き上げを承認したことも大きかったとしています。
また非営業収入では、為替利益やデリバティブ取引などでも好調であったとしています。

証券会社のPT Bahana Securitiesバハナ証券では2013年度も引き続き税引き前収入が
11億ドルになると予測し、East Java東ジャワからの天然ガス売上が貢献すると
しています。
PGAS社では主に2つのメイン事業があり、天然ガス販売事業、天然ガス輸送事業で
東ジャワ、西ジャワのジャカルタ首都圏、スマトラ島の3地区で主に展開していて
国内の企業と国内産業への供給を担っています。