ミャンマー 自動車価格の高騰

ミャンマーのMizzima News ではMyanmar Automobile Association ミャンマー
自動車協会の発表でヤンゴン市内の自動車価格の高騰が顕著であるとしています。
関税の金額が40万チャット(US $466)から50万チャット ($583)に引き上げられ、
中古車オークションでの関税は100万チャットまで引き上がっているとしています。
同様に、通常の車では810万チャット ($9,446)から880万チャット ($10,262)
まで税金が上がっているとしています。
タクシーは100万チャット($1,166)になっています。

毎月輸入車は150台、中古車は500台のペースで販売されています。
Mizzima Newsによれば三菱自動車はミャンマーにてアフターサービスを展開する
ことを開始したと発表しています。
Mitsubishi Motors Corporation (MMC)
Mitsubishi Corporation (MC)
Yoma Strategic Holdings Ltd. (YSH)
First Myanmar Investment Company Ltd (FMI) の4社は共同で覚え書きをし、
ミャンマーにて自動車アフターサービス事業を開始するとしています。
ヤンゴンに設立後、マンダレー、ネピードーでも支店を増加していく計画です。