ミャンマー 商務省の規則変更

ミャンマーのメディア Myanmar Timesでは自動車販売に関してミャンマー
商務省の規則の変更があったために販売量が減っているとしています。
顧客も新しい規制の方が安く購入できることもあって即決をしない傾向に
なっています。

輸入車のおよそ80%は今後CIF部分がカットされた金額で提示されます。
その金額は5%になるため、これまでの価格よりも安く購入できる見通しです。
例を挙げるとToyota Mark II セダンは2012年度12月時点では1,900万チャット
でしたが、1,800万チャットまで下落する見通しです。

シンガポールの自動車ディストリビューターのジャディーングループの
Jardine Cycle & Carriage Limited社ではヤンゴンにショールームと
サービスセンターを開業したことを発表しています。
投資方法として、現地の自動車販売会社のAutomobile Centuryとの
合弁事業が認可されたとしています。
販売ターゲットは富裕層へ向けた車の販売を目指し、Mercedes-Benz, Toyota,
Honda そしてKiaブランドの販売を手がけます。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。