タイ アジアンプロパティ(AP)

タイの不動産大手アジアンプロパティ(AP)では、2013年度の投資プランを
発表しています。
2013年第1四半期の投資額は94億バーツを投資し、事前予約で60億バーツを
狙います。
通年では230億~250億バーツを狙います。

またバンコクのスクンビット地区ソイ39にて高級コンドミニアムを建設します。
名称はGalerie Rue de 39で総投資額は33億バーツとなります。
マーケティング最高責任者Vittakarn Chandavimol氏は販売部屋数は88部屋。
平米あたりの単価は250,000-Bt300,000バーツとなっています。
販売される部屋のタイプは99平米から300平米になります。

Galerie Rue de 39は他の高級不動産とは違うコンセプトでタイのデザイナー
Khien Yinsiri氏とPigak Sanga氏がおこない、立ち上げ、外壁塗装、
玄関デザインは特別な仕様で進める計画です。
海外の外国人にも販売支援を行う予定でシンガポール、中国本土、香港などでは
ロードショーと題して海外購入できる外国人にもPRするとしています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。