タイ KPN`グループ IPO

タイのNarongdej財閥が率いる大手財閥KPNグループでは不動産開発、
音楽教室事業の2社をタイ証券取引所の上場を計画していると発表しています。
バイク・自動車部品の生産部門は上場計画は発表していません。

財務体質の改善や新規投資を目的とし、2015年までに上場を目指します。
KPNグループでは現在4事業を展開しています。
コンドミニアムなどの不動産開発事業、音楽教育事業、自動車部品生産事業、
投資事業です。
自動車部品事業は競争が激しくなっていて、今後大きな利益を得ることが
難しいとCEOのNop Narongdej氏は見ています。
まず上場予定の不動産ファンドとしてKPN Property Fund(KPNPF)を計画しています。
18億バーツの規模で27階立てのオフィスタワーKPN Towerに投資しています。
59000平米、ラマ9世通りに位置しています。