インドネシア シナルマス

製紙事業大手のシナルマスの傘下にあるシナルマスランドSinar Mas Land社は
建設中のインドネシアン・インターナショナルエキスポの建設受注を発表しました。

2014年半ば完了予定で国際レベルでの建設基準で、Kompas Gramedia Group (KKG)
インドネシアで大手メディアのコンパスグループと提携するとしています。

面積は22ヘクタール、タンゲランBSDシティの地区でシナルマスグループのブミ・
サポン・ダマイPT Bumi Serpong Damai (BSDE)社が持つエリアで開発されます。

同社は2011年 売上規模2兆8063億ルピア 純利益は 8407億ルピアでした。

ファーストフェーズは展示ホール、会議ホールの建設で3つ星ホテル295部屋を
建設します。
3つの建設面積は20万平米となります。

建設費用は2兆ルピア(200億円規模)です。

セカンドフェーズは2つのホテルを建設予定で4つ星ホテルとオフィスビルホールの
建設を予定しています。