シンガポール証券取引所

アセアンの証券取引所の中で、Singapore Exchange (SGX) シンガポール証券取引所の
債券市場などが透明性、格付けなどから海外の投資家を引きつけています。

2012年度は前年比+54%で1660億USドルでした。
データはブルームバーグ社が発表しています。

タイ証券取引所に上場しているタイオイルThai Oil (TOP)の債券も2013年1月に
取引開始されています。

また電力、水力、輸送、インフラプロジェクトなどに投資するものも今後人気が
出てくる年、アジア開発銀行Asian Development Bank (ADB) ではUS$8兆ドルの
資金が2020年までに必要になるだろうとしています。

また、デリバティブ(金融派生商品)事業の強化としてフィリピン証券取引所(PSE)の
傘下、フィリピンディーリングシステムPhilippine Dealing System Holdings
(PDS) と提携すると発表しています。

アセアン各国では6カ国取引所が相互取引の開始を進めています。