タイ証券取引所

キプロスの金融機関問題の売りに加えて、タイ証券取引所がキャッシュバランス口座
での預かり保証金を、出来高の最低15%から同20%に引き上げる方針を発表しました。
よってリスクと感じる投資家の売りが大幅な下落を招いています。

SET 所長のCharamporn Jotikasthira氏は4つの骨子をまとめたとしています。

1.タイ国内の金融知識・ファイナンシャルリテラシーを高めるため、金融機関の
専門家に対してのトレーニングを義務付けるとしています。
2.長期投資に対する考え方、分散投資に関する知識、をメディアや公的機関へ広め
  タイ国内の資本蓄積を進めていくとしています。
3. 証券取引を行う機関へ対して1社が破綻してもフォローが出来る体制を整える

4.キャッシュ口座に関して各顧客に対してクレジットラインを設けて
 これまでは15%であったものを最低20%を義務づけるようにしていくとしています。

タイ証券取引所は2013年度も順調に株高になっていましたが、キプロス問題とタイ・
バーツ高が重しとなり、月曜日から、金曜日まででマイナスの-7.5%安となっています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。