タイ 自動車

小型車の量産体制が整いつつあるタイランドでは2012年度の生産台数245万台、
販売台数143万台はタイ政府の初回購入限定減税政策によるものでしたが、
2013年度も好調を続けていて今後も自動車立国としての量産が続けば
2017年度までには300万台の生産レベルまで行くものとみています。

ただし、一部の自動車メーカーではエコカー基準を取得できないために
低率の税金、関税の無い機械輸入などの条件が使えずタイ国内では競争力が
無いとしています。
マツダの開発したMazda2は同じような他社の車種との強みが活かせていないと
しています。
同様のことがGMシボレーのChevrolet SonicやフォードFord Fiestaなども
当てはまるとしています。

今後新しいエコカー基準が導入されることで.新車開発や新規の投資が増加することを
期待していて、韓国・ヒュンダイ、Hyundai 韓国キアKia、ドイツ・ヴォルクスワーゲン Volkswagen.などの海外勢の参入も予想されるとしています。
タイのエコカー基準を取得している自動車メーカーはホンダ、日産、スズキの3社に
なっています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。