ミャンマー 日刊紙

ミャンマー国営紙は3月、最大野党・国民民主連盟(NLD)のアウン・サン・
スー・チー氏を含む民間の8個人・団体が日刊紙の発行を許可されたと発表
しています。
ミャンマーではTwitter や Facebookなど禁止されていますがようやく日刊紙の
発行が認められるようになります。
4月1日から現在16の週刊ニュースが出ていますが今後順次認められていくと
しています。
7Day Newsと言うメディアでは喜ばしいことだが全てが許可されるのかは疑問が
残るとしています。
これまでは長くにわたってメディア統制がおこなわれていました。

ミャンマーの主な日刊紙はこれまでは、英字1紙を含む3紙のみですべて
国営紙でした。
ミャンマー政府による事前検閲もあるため、民間の新聞、雑誌は週刊か
月刊しか認められてきませんでした。
非政府組織『国境なき記者団』が2012年に発表した報道の自由度についての
ランキングでは、ミャンマーは179カ国で、『169位』と下から11番目と言う
評価でした。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。