インドネシア BTPN

三井住友銀行は、インドネシアの銀行BTPN(BTPN)の一部株式を米ファンドのTPG
キャピタルから取得することで合意したと発表しました。
三井住友はBTPNの株式を1株あたり6500ルピアで取得。
出資比率は当初24.26%とし、最終的に同国の監督当局などの認可が得られれば40%に引き上げる計画を出しています。

インドネシアの金融規制により、金融機関に対し単独の株主が出資できる比率は上限40%に制限されています。

バンク・タブンガン・ペンシウナン・ナショナル(PT Bank Tabungan Pensiunan Nasional Tbk)はインドネシアの上場金融機関でニュース発表後同社の株価は上がっています。
同行の純利益は1兆9789億ルピアであり総資産は18兆8624億ルピアとなっています。