タイのソーシャルメディア利用データ

タイ人(10歳以上)の3人中1人はソーシャルメディアのアカウントを持っていて
Facebookユーザーは1800万人になっていると、アクセスを調べたZocialRank.com社が
発表しています。
すでにインターネット利用者は50%を越えているとみています。
タイ人の2500万人はインターネット利用者になっていて、そのうち1800万人が
1つもしくはそれ以上のソーシャルメディアアカウントを保有しています。

また画像のソーシャルメディア、インスタグラムも急速に伸ばしていて前年比+163%の
伸びでした。
現在60万人が同サービスを利用しています。
ZocialRank社では以下のSNSサイトを調査。
Facebook, Twitter, YouTube, Instagram, Foursquare, Lineを調べています。

日本の楽天が出資をしているRakuten Tarad.comでは
e-commerceの成長に合わせ、投資金額を増やすとしています。
同社では5,000名の調査対象者の47.5%が2年間内にてインターネット通販を利用したことが有るとしていて調査対象の64.5%はオンライン商品に関して友人が提案したものを
購入/利用しているとしています。

同社の創業者、現取締役のPawoot Pongvitayapanu氏はTV広告、オンラインの中で宣伝
活動を広げたいとコメント。

また同社で5月末より”Super Sale”キャンペーンを開始すると発表しています。
12日間の中で、大幅ディスカウントキャンペーンをおこなうことで購入率が上がる
としています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。