タイ エリートカード問題

タイのエリートカードを発行しているThailand Privilege Card (TPC)では
2013年度6月より新規のメンバーシップカードの販売を進めるため、
不動産開発会社と組むことを発表しています。

Tourism Authority of Thailand (TAT)タイ観光庁ではこのTPCを管理していて、
数ある不動産開発会社の中からパートナーを選ぶとしています。
TPCでは、今後6ヶ月間で少なくとも200枚の共通ブランドのメンバーシップカードの販売を目指すとしています。

エリートカードに関しては新規にレギュラータイプ、共通ブランドタイプの2つのタイプを発行するとしています。
レギュラーカードは200万バーツで20年間利用可能で、共通ブランドカードは100万バーツで購入できます。
両方ともに年間の会費は2万バーツとしています。
またキャンペーンとして”Money Can’t Buy”キャンペーンを開始します。

レギュラーカードはタイ観光庁経由でも販売され、販売代理店やエージェントも
活用します。
共通ブランドカードは、タイ不動産を購入することが必要条件としていく計画で、
恩典としては5年間ビザ免除、空港送り迎えサービスを実施します。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。