タイ エアポートオブタイランド(AOT)

タイのエアポートオブタイランド(AOT)では3月4月の期間過去6週~8週間の
大混雑期間を切り抜ける準備をしたものの、数名は飛行機の便に間に合わない
など、トラブルが発生しています。
中国人旅行者も増加していることで、入国審査、出国審査ともに長蛇の列が
続いています。

タイの政府では観光事業は今後2015年までに2兆バーツ規模の産業まで成長
すると予測しています。
タイの首相Yingluck Shinawatra女史は新しいタイ国家ノツーリズム
キャンペーンを発表するとコメントしています。

旅行分野を管理するタイ旅行業省のFederation of Thai Tourism
Associations (FETTA)では観光事業競争力が落ち始めていることを挙げ、中国、
インドネシア、ベトナム、中東などが候補としてあるとしています。

World Economic Forum世界経済会議 ではタイランドはアジア域内で41番目に
ランクされシンガポールは32番目、マレーシアは35番目、中国は39番目でした。
タイランドでは新しい観光商品がないことと、アトラクションが無いことを
挙げています。

2015年度までの2兆バーツ規模の観光産業では1.45兆バーツが海外旅行者の訪問に
よる売上げで残りがタイ国内タイ人の旅行になるとしています。

2011年度は1.13兆バーツでした。
7300億バーツが海外旅行者、4000億バーツが国内旅行者でした。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。