インドネシア アメリカ企業 カーギル

アジアにおけるココアマーケットの拡大で多国籍企業で穀物を扱うカーギルCargill社では
東ジャワ・グレシクにてココア農園・生産工場を1億ドルを投資して設立するとしています。
ココア豆を7万トン生産可能で、2014年度の半ばから稼働するとしています。
ココア飲用、ココアバター、ココアパウダーの原材料となります。

カーギルがインドネシア進出を決定した背景にはアジアにおけるココア市場のマーケットの拡大があり、インドネシアの地場企業が次々と力を付けている事を挙げています。

同社ではココア市場では+5~10%の成長で伸びていくとみています。
2012年度のアジアパシフィックのカーギル社の総売上では1339億USドル、前年比24%増で、北アメリカ部門に次いで38%の貢献をしているとしています。

1995年度からココア生産をインドネシアで開始していて、世界第3位のココアパウダーの
生産国になっています。
インドネシアでは2012年末時点で83万トンを生産。
2011年度は71万トンでした。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。