タイ 自動車 VIOS新モデル

トヨタモータータイランド(TMT)は3月末、同社の小型セダンの新型「VIOSヴィオス」を
販売開始すると発表しました。
エントリーモデルである同車を新興国向けにターゲットを絞り、アセアン向けの輸出を世界中へ切り替えるとしています。
VIOSはおよそ6年ぶりにフルモデルチェンジしていて、室内空間を広げ、燃費向上も果たしています。
エンジンの排気量1500ccで、価格は55万9000~73万4000バーツ。

タイではVIOS YARIS CALLORA CAMRYと言ったモデルが基本でインドネシアで生産されているAVANZA、INNOVAを加えて、新興国向けモデルのIMVプロジェクト生産車のFORTUNNER VIGOと言ったピックアップ型のモデルまた日本から正規輸入車としてALFORDを入れています。

VIOSは、1997年からヴィオス(当初は「ソルーナ」)を生産販売し、タイ国内では2003年から小型車市場で販売台数トップとなる人気モデルとなっています。