タイ ホスピタルツーリズム

タイの旅行代理店ではタイ政府へ向けてメディカルツーリズムの改善を呼び掛けています。
新しいサービスや高いレベルの治療、医療スタンダードの維持を求めています。

タイ観光庁Tourism Authority of Thailand (TAT) では、アメリカ、オーストラリア、
中東、ヨーロッパなどの22のメディカルツーリズム代理店からヒアリングをおこないました。
ホスピタルツーリズムの患者は経験豊かな医師、最新テクノロジーの医療施設、
有能なサービスを求めているとしています。

2012年度は1800万人のなかで、240万人の外国人が医療目的でタイを訪問し、
関連売上は140億バーツとなっています。

TATでは3年内にホスピタルツーリズム旅行者数は300万人を越えるとみていて、
関連売上では倍になるとみています。

TATとして今後は整形外科手術系、アンチエイジング系、細胞治療などを誘致、
促進していきたいとしています。
またタイランドは総合的にメディカルツーリズムでアセアン域内トップのレベルで有り、
特にスキントリートメントでは優位性が高いとしています。