タイ オイシ・グループ(OISHI)

タイの緑茶飲料大手、日本食ブッフェレストランのオイシ・グループOishi Group(OISHI)社とシンガポール・マレーシア飲料食品大手のフレイザー&ニーブFraser and Neave Ltd (F&N)では両社ともにタイのアルコール財閥総帥のCharoen
Sirivadhanabhakdi チャロン・シリワタナパクディー氏の傘下となりました。
両社は今後、シナジー効果による共同開発や共通の輸送システム開発などを進め、
新しい新興国(アフリカ、中東)への展開を目指すとしています。

親会社であるタイ・ビバレッジ(THBEV)のMarut Buranasetkul氏はF&N社のもつ
ディストリビューションノウハウを、オイシ社へ活かしていきたいとしています。
オイシ社の持つ緑茶生産、開発力などをマレーシアとシンガポールで展開する考えです。

タイビバレッジ社(THBVE)はシンガポール証券取引所(SGX)に上場していて2012年度の売上では1610億バーツ、純利益では284億バーツとなっています。
2013年度はおよそ15-20%の成長を目指すとしています。

F&N Dairies (Thailand)インドシナ地区担当マネージャーのJirawat Daechasatien氏は T-Pot や F&Nブランドの飲料製品関連の売上は2017年までに200億バーツ以上になるだろうと予測しています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。