タイの2部市場

タイ証券取引所の2部新興市場であるMAI市場で、総企業の純利益合計は第1四半期
19億8000万バーツ、前年同期比+54.3%でした。
2部市場所長のChanitr Charnchainarong氏は2013年時点で69企業が上場していて、
82%の中小企業が利益を出したとしています。
しかしながら全企業の合計売上は前年同期比マイナス1.43%、249億バーツでした。
粗利益率は19.4%から23.0%と増加しています。

貿易・製造セクターがトップのパフォーマンスを出しています。
今後のバーツ高による収益悪化の影響の兆しはまだ受けていないと判断しています。
中小企業群でも政情不安、洪水災害、最低賃金引き上げなどの混乱がありながら継続的に
利益を出し続けている企業もあります。

企業情報提供などをおこなうビジネスオンラインBusiness Online (BOL)社は
その中の1社で36四半期連続利益を出し続け、9年間に渡って継続しています。
同社の2012年度の売上は3億8100万バーツで、純利益は8500万バーツでした。