タイ 銀行セクター 中国工商銀行

2010年度にタイのACL銀行を買収した中国の工商銀行タイランド
Industrial and Commercial Bank of China (Thai)のリース部門である
ICBCタイリーシングICBC (Thai) Leasingでは、成長し続ける消費者向けリースに加えて
企業向けリース事業へも進出していくとしています。

2014年第1四半期までに売上比率15%から企業向けリースを20%まで引き上げます。
タイの自動車産業では2012年度143万台が販売されましたが、2013年度は120万台程度を見込んでいます。

ICBC (Thai) Leasingでは総ローン額を550億バーツと設定。
昨年度の510億バーツから伸ばしていく計画で、不良債権率は2.2%から
1.3%まで引き下げたいとしています。
ICBC Leasing社ではタイでLCC事業を展開するタイ・エアアジアと21億バーツにおよぶエアバス320の2機を購入するための12年融資契約を締結したと発表しています。

2010年度に中国工商銀行はタイ証券取引所上場企業だったACL Bank(ACL)を$5億5000万ドルで15.5億株を購入。
その後ACLは上場廃止となっています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。