タイ 不動産

バンコク郊外北西部を走る予定のバンヤイ駅~バンス-駅ルートのBTSパ-プルラインなどが出来つつあるとともに、民間不動産開発会社が低価格で参入を続けています。
このエリアのコンドミニアムの販売額は300万B以下の物件ニーズが非常に強くなっています。

タイ国家住宅開発局National Housing Authority of Thailand (NHA)では低所得者向け住宅開発を大量輸送交通機関
Mass Rapid Transit Authority of Thailand (MRTA)近くにノンタブリー県Bang Yai地区ではパープルラインのバンス-駅からつながる地区に位置していて
1,000以上のコンドミニアムの開発を2015年までに進めるとNHA会長のSuchatvee Suwansawat氏はコメントしています。
第1プロジェクトはバンヤイ地区で、第2プロジェクト候補はバンピン地区サムットプラカーン県を予定しています。
ここはスカイトレインのべーリン駅の近くになります。
NHAのプロジェクトは民間開発会社の価格よりも低く設定していく計画で
100万Bから500万Bの範囲で設定しています。

また中間層向け不動産開発のLPNデベロップメント社(LPN)では代表のOpas Sripayak氏が企業戦略として新しい大量輸送交通機関の近隣開発は重要な戦略の一つとしています。

レッドラインと呼ばれるバンコク郊外北部に伸びるBTS延伸ラインでは300億B以上の開発プロジェクトが2011年洪水後に計画され、17,000戸数が供給予定です。
平均販売価格帯は150万から500万Bになります。

トンロー駅からスクンビット107のべーリン駅まででは10,000戸数のコンドミニアムが
50プロジェクト以上販売され、500億バーツ以上の開発が進みました。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。