タイ 代替エネルギー発電

タイの発電事業会社アマタBグリムパワー・グループと太陽光発電事業会社SPCG(SPCG)社は、インフラファンドの新規株式公開(IPO)を通じて、2013年後半に
総額117億バーツを調達することを検討しているとしています。

Bグリム社ではタイランド国内とアセアン各国での展開を検討していて特に発電事業では2013年度は 売上で235億バーツ、前年同期比+17%を目指します。

Bグリムパワー社は、ドイツ人によって薬剤事業として1878年にバンコクで創業しました。
現在は発電事業、空調エンジニアリング事業、健康事業などを進めています。
2012年-2019年までにBt700億バーツを投じて12の発電所を、合計2,000メガワット級の発電所を建設していきます。

B Grimm Power Co社とタイの工業団地開発大手アマタ(AMATA)が出資を13.7%しているAmata B Grimm Power Co. 社で建設します。
12プロジェクトのうち、2プロジェクトはアマタシティ工業団地で建設予定です。
さらに2つのプロジェクトはバンカディ工業団地で建設するとしています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。