タイ 代替エネルギー発電

タイの発電事業会社アマタBグリムパワー・グループと太陽光発電事業会社SPCG(SPCG)社は、インフラファンドの新規株式公開(IPO)を通じて、2013年後半に
総額117億バーツを調達することを検討しているとしています。

Bグリム社ではタイランド国内とアセアン各国での展開を検討していて特に発電事業では2013年度は 売上で235億バーツ、前年同期比+17%を目指します。

Bグリムパワー社は、ドイツ人によって薬剤事業として1878年にバンコクで創業しました。
現在は発電事業、空調エンジニアリング事業、健康事業などを進めています。
2012年-2019年までにBt700億バーツを投じて12の発電所を、合計2,000メガワット級の発電所を建設していきます。

B Grimm Power Co社とタイの工業団地開発大手アマタ(AMATA)が出資を13.7%しているAmata B Grimm Power Co. 社で建設します。
12プロジェクトのうち、2プロジェクトはアマタシティ工業団地で建設予定です。
さらに2つのプロジェクトはバンカディ工業団地で建設するとしています。