インドネシア セントラルインドネシア銀行(BBCA)

インドネシア金融大手資本規模3位のバンク·セントラル·インドネシア(BBCA)は
2012年末、資産規模2位に躍り出たことを発表しています。
総資産で442兆9940億ルピアで、 純利益では11兆7217億ルピアでした。

BCAディレクターJahja Setiaatmadja氏は多くの海外の金融銀行はインドネシア国内市場にビジネスを拡大していますが、シティバンク、ドイツ銀行、スタンダード·チャータード銀行などとは競合しないとしています。
マレーシア、シンガポール、タイから東南アジアの各国からのまだ大きく進出を開始している金融機関は少ないとしています。

シンガポールのUOB銀行、OCBC銀行、マレーシアのCIMB銀行とメイバンクは、合弁事業として進出を果たしていますがインドネシアの細部まで入り込むことが難しいのではないかとコメントしています。