タイ CPオール(CPALL) サイアムマクロ(MAKRO)

タイ最大規模のM&AとなったCPALL社のMAKRO企業買収では1890億バーツでSiam Makro Plc社の購入が決まりました。
株主総会による決議で87%が賛成票を出し必要数、条件が整ったため決定に至ったとしています。
この金額は2011年度にPTTグループが石油精製事業大手PTT Aromatics and Refining Plc(PTTAR)と石油化学大手のPTT Chemical Plc(PTTCH)を合併させPTTグローバル(PTTGC)を誕生させた際の金額を上回る最高額になっています。

タイの富豪Dhanin Chearavanont氏が率いるチャロンポカパーンフーズCharoen Pokphand (CP) グループが1株あたり787バーツの価格でSiam Makro株を購入を決定。
CPグループとして卸売り小売り事業へ再参入するとしています。

Dhanin氏のCPグループとオランダのSHV社はSiam Makro社を1988年に設立。
しかしアジア通貨危機の際に売却していました。
しかし、今回の買収で再取得した形になります。
CPグループは昨年2012年度に中国の生命保険事業大手のPing An Insurance (Group) Co.へ出資を発表。
HSBCが保有していた同社株式15.6%をタイのチャルーン・ポーカパン(CP)グループに94億ドル(約7700億円)売却しています。