タイ 工業団地

東南部のイースタンシーボード工業団地を展開するヘマラート(HEMRAJ)も420ライで
目標1800ライの23%の達成率となっています。

BOIによる投資恩典承認社数は、年間+26%増の747件数を目指していて総投資額は
5100億バーツで+80%を目標としています。

アマタ・コーポレーション(AMATA)社ではベトナムで展開するAmataVN(AMATAV)をタイ証券取引所へ上場させる計画と、発電所運営のAmata B.Grimm社のインフラファンドで上場させる計画があります。

a)日系企業の中小企業の進出の関心は継続していて
  サプライチェーン、物流施設構築のニーズが変わらないとしています。
b)タイ中間層の消費ニーズの拡大からアウトレットモールの建設が増加中。
今後も迅速な物流手配ニーズが強まるとしています。
c) これまで所有認識が高かった工場や倉庫はリース/レンタルのニーズが
  上回るようになり、AECの統合後はよりコスト削減意識、資産圧縮での利用が広まると見ています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。