タイ イタリアンタイデベロップメント(ITD)

タイのゼネコン最大手イタリアンタイデベロップメント(ITD)では株価は+4.58%のBt8バーツ上昇しています。

ITD-Power社と中国との JVプロジェクトがタイ政府の3500億B規模の水処理関連プロジェクト入札を勝ち取ったと発表しています。
ITD-Power社はこのプロジェクト9つのうち、5つで高い評価を受けています。
5つのモジュールはA1, A2, A4, B1 B3 となっていて合計110億バーツとなっています。
また韓国系のKorea Water Resources Corporation (K-Water)もA3、A5のモジュール163億Bでの入札を勝ち取っています。

また通信系大手のロクスレーLoxley(LOXLEY)コンソーシアムがデータストレージセンターA6、警報システムB4を導入するための費用40億バーツを勝ち取っています。
Loxley社の株価は+3.68%増加でBt7.05バーツとなっています。

ITD社は2012年度の売上は過去 純利益では受注済み金額が2400億Bとなります。
タイの最大手証券会社のメイバンク・キムエンMaybank Kim Eng Securities (Thailand)の予測では今後2兆バーツを掛けたインフラプロジェクトとして、株価予測値は9.5Bになると予測しています。